JDがやってるブログ

二流ブロガーくらいで良いや。

帰宅ぅ。と10円親父の背中事件。

時刻は午前1時30分、実家から少し離れたフジロックフェスティバルの会場から帰って来ました。

 

 

 

いやぁ、それにしても夜の山道は怖いですね。

 

 

今日のお仕事は、昨日と同じように雑草とゴミを片付ける作業です。

 

 

最終目的は、池に蓮の花を浮かべたり、花を飾って非現実世界に仕立て上げることなんですけど。。 

 

 

なんせゴミと雑草がありすぎるんですね。

 

 

雑草はしょうがないですけどぉーーーー!、。

 

 

なんで2017年度のスタッフが何年も前からあるゴミ達を片付けなきゃアカンねんッ!

 

 

と、心の中の関西人(サチコ姐さん)が怒り狂っておりました。。

 

 

Honin私は、必死にサチコ姐さんに落ち着くよう促していました🤔

 

 

朝6時。

 

仕事場近くのロッジ(本当に綺麗)で今日のお仕事のおおまかな確認。

 

上司達(全員外国人)は、途中からビールで景気付け。

 

途中で別の部の上司(日本人)登場。←めちゃめちゃ良い人。

 

 

(ミニ会議終了後少し休み時間が入る)

 

 

上司(日本人)「なあ、東京でのバイト探してたりしない?俺の友達ビアバーを紹介できるんだけど。」

 

Honin私「え!良いんですか?!興味あります!」

 

上司「実はさ、お前が三度の飯より好きな"アノ人"の息子もチョットだけ働いてた。やっぱあの事件の後職がなかったみたいで。彼、自分でも飲食の経営してたみたいだけど全部上手くいかなかったんだよ。だから俺可哀想だと思って去年フジロックの仕事もさせたよ。でもさ、彼タバコ吸ってばかりで殆ど仕事はしなかったね。やっぱ"そういう環境"で育ったってのもあるし、親父の背中も大き過ぎた。自分の実力と自分で思う自分が釣り合って無さすぎるんだ。でも、良い子だけどね。まぁ、彼だけに言えることじゃないってのも言っておくけどさ。」

 

Honin私「え。。太郎さん(仮名)、もう全てに驚き過ぎて何も言えないッス😅」

 

 

上司「親父とは特別関係が強い訳ではないけど、息子、娘は知ってるし世話もした。親父の話はさ、オレの周りがみんな親しい友達みたいで、知ってる。」

 

 

そこからは"アノ、親父"トーク

 

 

もう個人的な内容過ぎるので割愛させてください。。 スミマセン。。。

 

 

と、言うより私が言えるのはココまでなのです。。

 

 

そんなこんなで朝から爆弾トークをする上司にはタジタジです。。。

 

 

9時30。仕事開始。

 

 

さっき話してた話が脳みそにこびり付いてダメ。

 

ココで苦手な

 

 

デカ過ぎるヘビ乱入!!!

 

 

186cmのイギリス人上司が飛び跳ねて逃げて行きました。

 

 

おかげで一気に仕事に集中できました。

 

 

………

 

14時、キリのいいところで皆んなでランチタイムです。

 

 

う〜、タダ飯 美味い。

 

 

味も最高。。

 

 

「スタッフだから〜◯◯」みたいな自慢じゃないんですけど、フリーパスなるものを頂いて飲み食いが全て上の方持ちです。(領収書を上司宛に…笑)

 

 

ランチ後、仕事再開。

 

 

15時。

 

イギリス人上司①「ブリティッシュ ティータイムやで〜。」

 

 

オーストラリア人上司「おぉ!本場のやり方にしようぜー。」

 

 

イギリス人上司②「やっぱこうじゃなくっちゃな。」

 

 

イタリア人上司「俺はピザが良いと思った。。(ジョーク)」

 

 

イギリス人上司③「イタリア人は休憩でもナンパだろ?」

 

 

スコットランド人上司「ブリティッシュティータイムって名前嫌じゃね?w(ジョーク)」

 

 

Honin私(日本人)「(((もう…休憩長くない?)))」

 

 

といった具合に緩い職場です。。

 

 

私の理想の中の理想の職場すぎてしまって、明日東京に戻るのが嫌になりました(笑)

 

 

 

とりあえず、、このコボレ話は、読者の方へのワクワクをプレゼントしようと思い、ギリッギリの若干オーバー気味で書きました。

 

 

 

 

 

 

「これはフィクションです」(仮)

 

 

この文だけ置かせてください。